L-マガ
「L-マガは、自分らしさを大事にしたい大人の女性を応援する読み物です」

ここぞとばかりに身体が訴える

2020.04.21

 

モダンゆもじスタッフMeliです。

 

何日かブログをお休みしていました。

 

相変わらず家にいる子どもたちのご飯を作り続ける毎日でしたが、

 

家事に疲れたなと思ったら無理はせずテイクアウトにも頼ったり、

 

家族みんなが栄養を満たし、時間に追われないように過ごし、ゆっくり休み、

 

自分のことを振り返る時間を持てるよう、

 

また、普段バタバタしててなかなか手が出ないこともその気になればやってみる、

 

ということも意識して、

 

用事を詰めないよう心がけていました。

 

気になっている人の講演やお話をズームで聞いたり、

 

気が向けば一つ一つのことにじっくり時間をとって取り組む、

 

ということも意識していました。

 

それでも、「主婦」というだけで、

 

細々とした用事はたくさん生まれます。

 

やれ郵便局だ、支払いだ、買いものだ、と。

 

出かける用事は一日に3~4回はあります。

 

高齢の父に、ドライバーとしてかり出されることもほぼ毎日ありますので、

 

やはり時間のやりくりをしながら、

 

隙間時間を見つけては自分を見つめる時間を持つ、という感じの生活でした。

 

だからでしょうか?

 

今なら安心して具合が悪くなれる、と身体が思ったのでしょうか?

 

珍しく頭痛が続いていました。

 

身体って面白いんですよね。

 

忙しくて毎日交感神経が優位で、

 

「私が休むと皆が困る!病気している暇もない!」

 

っていう時は、

 

症状とか出にくいんですよ。

 

身体が気を使ってくれているのでしょう。

 

でも、ふと、時間が空いた時や、

 

休んでも大きな支障はないと気持ちが緩んだ時に、

 

ここぞ、とばかりに症状を出してくるんです。

 

私の場合は今回は頭痛です。

 

頭痛など、めったに起こらないのに、

 

1週間近く治らず、だんだんひどくなり、

 

これはマズい病気じゃないかと心配するほど。

 

 

でも、ふと気づきました。

 

忙しいときには耳を貸してくれないこの私が「今なら聞いてくれるんじゃないか」って、思いきって身体が症状を出したんだなって。

 

つまり、普段身体に黙らせて無理をさせてたんですよね…

 

スパルタで聞く耳を持ってなかったんですよ。

 

あー、ごめんなさい。

 

疲れてたんだね、

無理してたんだね、

本当はもっと休みたかったかったんだね。

 

それがわかって、よかったです。

 

もっともっと楽をしていいんですよ。

 

そう思うことができて、すごく良かったです。

 

楽をすると、お金がかかることもあります。

 

ご飯を作らないで買ってくるとか、テイクアウトするとか。

 

しかし、身体は買えません。

 

一度傷んだり壊したりすると、

 

回復にはお金もエネルギーも時間もかなり使います。

 

なので、そこはケチっちゃいけないところですね。

 

コロナのお陰で、気付きがたくさんあります。

 

自分に優しくなれます。

 

そうすると、人にも優しくなれます。

 

日々新しい発見があり新鮮な気持ちです。

 

頭痛はまだありますが、

 

身体の声だと思って、薬で黙らせず、

 

さらに耳を傾けて、

 

もちろん必要ならば受診もしようと思っています。