L-マガ
「L-マガは、自分らしさを大事にしたい大人の女性を応援する読み物です」

引きこもりの効用

2020.04.25

 

モダンゆもじスタッフMeliです。

 

長い休暇。

 

最初は戸惑いましたが、

 

だんだんこの休暇の過ごし方にも慣れてきた頃ではないでしょうか。

 

世界中の人が、総引きこもりになってるって、

 

考えるととても面白いですよね。

 

 

「内にこもる」って、何かネガティブなイメージがあると思うんですが、

 

今、みんな家(うち)にこもってますね。

 

我が家ももちろん、子どもたちはみんな学校がお休みで、

 

外出も控えなければいけないので、

 

何かの用事がない限り、本当に全員がほぼ一日中家にいます。

 

子どもって、普段はだいたい学校に行くので、

 

がっつり2ヶ月も家にいることって、本当にないですよね。

 

夏休みだって、外でいろいろな活動があります。

 

特に中学校や高校生は、

学校が休みでも部活に行ったり友だちと遊びに行ったりしますから、

 

親としては、同じ空間に子どもと一緒にいる時間はすごく少なくて、

 

普段は子どもの波動がつかめない、お互いに噛み合っていない感じがすることもありました。

 

なので今のように具合が悪いわけでもないのに毎日出かけずに家にいるのがとても新鮮です。

 

家にいるといっても、自分の部屋にいることが多く、

四六時中顔を合わせているわけではないのですが、

 

それでも、家、という同じ空間の中にずっと一緒にいると、

 

あうんの呼吸とでもいうのか、

 

お互いの波長が少しずつ合うようになってきているな、と肌で感じます。

 

子どもも、最初は出かけたいのに出られないのが窮屈そうでしたが、

 

だんだん一人で過ごすことにも慣れてきたようで、

 

自分の時間を満喫しているように感じます。

 

 

こうして、無理やり生き方のスピードを落とさなくてはいけないという状況に置かれると、

 

これまで自分がどれだけ周りに降り回されて、

 

自分のペースを崩して周りに合わせてきたか、

 

感じられると思います。

 

この時間の流れを「心地よい」と感じるのか、

 

「本当は◯◯したいのに…!」と焦りを感じるのか…

 

 

内にこもることにも効用があり、

 

不要不急の外部とのお付き合いがなくなるからこそ、

 

自分の内側に目を向けやすくなり、

 

自分のことが、よりわかるようになるのです。

 

忙しくて忘れていたけど、本当は自分は何が好きだったのかとかね。

 

そして、自分のペースで動けるからこそ、

 

心にゆとりが生まれ、

 

周囲にも配慮ができる。

 

本当に繋がりたい人は誰なのかがわかる。

 

 

内にこもることって、素晴らしい効用がありますね。

 

世界中の人が、こうして内にこもり、

 

より深く自分を見つめられるようになることで、

 

これから世界は少し平和になるのではないでしょうか。