L-マガ
「L-マガは、自分らしさを大事にしたい大人の女性を応援する読み物です」

プチプチファスティング終了

2020.04.29

 

モダンゆもじスタッフMeliです。

 

 

3日間のプチファスティング、ほぼ終わりました。

 

感想は…

 

難しい。苦笑

 

 

いいわけみたいになりますが、

 

家族の食事を毎日三食作るのに、自分が食べないって、

 

とても難しいです。

 

味見はするし、

 

ちょっとした残り物を見るとパクっといっちゃったりします。

 

2日目からちょっとずつ崩れてきまして、

 

3日目の夜はグダグダになってました。笑

 

 

食べる量を減らして、内臓を休ませるのが目的でしたが、

 

結果的には食べる量はいつもの4分の1くらいだったと思います。

 

 

お腹が空いたなーって思うときもありました。

 

そんな時は家にいるとつい食べるものに手が伸びちゃいますね。

 

よく山の中の道場でファスティング合宿をする理由がわかります。

 

日常生活をしながらのファスティングは難しいです。

 

何か食べたくても周りに食べるものは何もないとか、

 

作業や運動のプログラムがびっちりつまってるとか、

 

一緒にがんばる仲間がいる、とかが成功させる秘訣ですね。

 

主婦が家で家族のご飯を三食作りながらファスティングをするのは、かなりの精神力を要します。笑

 

 

3日目に会った友人には、開口一番「あら、やせたね!」って言われました(私は痩せることを目的としてないので複雑な気分でしたが)。

 

まぁ、自分でも顔がシュッとしたな、とは思います。

 

あと、肌の調子は良くなりました。

 

そして、長く続いていた頭痛がかなり楽になりました。

 

 

大したファスティングにはなりませんでしたが、

 

やはり食べるという行為は、きちんと消化しないと内臓の負担になるんだなということは身をもって理解しました。

 

少し食べる量が減っただけでもそれなりの効果は感じられたので、

 

そういうことが実感として理解できたというだけでも意味がありました。

 

なので、1日だけの軽いプチファスティングなどは定期的にやったらいいと思います。

 

アルコールも休肝日が必要なように、

 

消化器官にも休管日が必要なようです(消化器官は管です)。

 

うまい。笑